サボンジェム

新年の挨拶に宝石石鹸サボンジェム

サボンジェム宝石石鹸を新年の挨拶のときに手土産として贈ってあげてもおかしくないですよね?

 

それは、大丈夫ですよ!

 

 

でも、あまりにも和風な家庭への贈り物ととしては合わないかもしれませんね。

 

 

どちらかというと洋風な感じの贈り物となりますので、和風でかしこまった家庭への贈り物としては考えて持っていくほうが良いかと思います。

 

 

しかし、サボンジェムを受け取った側の反応はすごく良いですよ♪

 

 

 

 

特に若い娘さんがいるところや、奥様に好評で1週間後くらいすると必ずといって良いほど連絡がきます。

 

 

「どこで買ったか教えてほしい」

こういった内容の質問が着ますから、私こう答えています。

 

 

 

「実際にサボンジェムの店舗は東京とか大阪にしかないから買いに行くのは困難だよ」

 

 

 

そう答えるとがっかりした様子で、何かのついでのときで良いから声をかけてといわれました。

何かの機会で行くことがあれば買ってきてほしいとのことでした。

 

 

 

「店舗は遠いから行くのが大変だし、交通費が高くなってしまうけど、通販で買うことが出来るよ!」

 

そう答えたあとに購入する方法を教えてあげるようにしています。

 

 

だから、そのときはメールで

 

 

 

こちら→世界一安心して購入できるサボンジェム宝石石鹸の公式販売サイト

 

 

を教えてがいるんですよ!

 

 

 

サイトを確認したら、すごいうれしそうな声で連絡がありました。

 

 

「こんなにたくさんの種類があるなんてうれしい」ですって。

 

「今度は、私が誰かにプレゼントしてあげるんだ♪」

 

 

 

そういわれたときにすごくうれしかったのですが、ひとつ気がつきました。

 

 

 

来年から、ここにサボンジェムを新年の挨拶で使うことが出来ないって・・・

 

でも、なによりも喜んでもらえたことは、私にとっては一番のご褒美でしたよ!

 

 

 

 

お正月っていったいなんなのでしょうね?

 

お正月の由来は次のように言われているようですね。

 

 

正月は、年神様(としがみさま)をお迎えして祝う行事のようですね。

年神様は、それぞれの家庭に降臨し、今年1年間の幸福をもたらす神様として奉られているのです。

 

 

たくさんの幸福や幸せを授かろうと、祝う行事ですので、由来を知れば自然とお正月の過ごしたが変わってくるのではないでしょうか?

 

 

サボンジェムの宝石石鹸の石言葉を添えて、年神様を祝う正月に花を添えてみませんか?

 

1年幸せをサボンジェムを掛けて祝うということもすばらしい1門出になるかもですよ!

 

話のねたにもなりますからね♪

 

 

 

また、こんな言い伝えもあるんですよ!

 

 

年神様は、初日の出とともにやってくるといわれているようなので、初日の出のときに拝むと、願いがかなったり、健康に1年間過ごせるとか言う言い伝えもあります。

 

山の山頂で迎える初日の出のことをなんというか知っていますか?

 

 

「御来光」という言葉を知っていますよね。

 

 

初日の出の傍らに、サボンジェムを持って、石言葉とともに願いをかなえてみるのも良いかもしれませんよ!

 

香りもすごく良いから、1年の門出には素敵な場面となるのではないでしょうか?